TOP_banner 究極の遊戯(前編)
   トップページへはバナー(←)をクリック!
◆サイト概要

 >このサイトについて

 >お知らせ

◆葵せきな作品紹介

 >商業出版

 >オンライン作品

◆二次創作コンテンツ

 >二次創作小説

 >二次創作イラスト

 >画像アップ掲示板

 >感想掲示板

◆交流コンテンツ

 >ハイツリドル2号館
  用語集

 >キャラクタ人気投票

 >お絵描きチャット

 >イロイロ掲示板

◆特設企画コンテンツ

 >N・S・P・S

◆リンク

 >関係サイト

 >メンバーのサイト

◆更新履歴

 >過去の更新


究極の遊戯(前編)
著者:ルーラー

○星川 陽慈(ほしかわ ようじ)サイド

「君が陽慈くんだね?」

 そんな言葉がいきなり投げかけられたのは、オレが商店街をブラブラとしていたときのこと 。

「?」

 怪訝な表情をしつつも声のしたほうに顔を向け、オレは更に怪訝な表情を浮かべることとな った。なぜなら、そこに立っていたのはオレのまったく知らない人だったから。
 黒いスーツに身を包んだ、28くらいの背の高い男性。……はて? この人はオレの知り合 いじゃ……ないよなぁ……。でもオレのことは知ってるようだし……。

「蛍くんからちょっと伝言を預かっていてね。――知ってるよね? 式見蛍くん」

 オレの戸惑いをまったく無視してセリフを続けてくる男性。オレは怪訝な表情はそのままに 、

「知ってる、というか、友人ですけど……。あなたは?」
「ああ、私は黒江という者でね。君のことを知っていたというのは、まあ、蛍くんから聞かさ れていたからなわけなんだが」
「黒江さん、ですか……。――あ、伝言って言いましたよね? 蛍、なんて?」

 彼は軽く肩をすくめて、空を仰いだ。

「なんでも、スーパーに来て欲しい、とかなんとか……」
「スーパーに、ですか? わかりました」
「……『わかりました』って、なんで来て欲しいのかも聞かされていないのに行くのかい?」
「理由なら蛍に会ってから訊きますよ。じゃあ――あ、伝言、ありがとうございました」
「あ、いや、どういたしまして」

 オレはすぐさまスーパーの方へと足を向ける。すると、後ろから黒江さんの声が小さく届い た。

「君は相当なお人よしだな……」

 ……そうだろうか?
 その後に続いた言葉はよく聞き取れなかったが、

「彼のほうはこれでよし、と。次は木ノ下 瞬のほうか。……これで少しは面白く――」

 そんな感じのことを言っていた。木ノ下っていうのは 2年の――篠倉のクラスの奴じゃな かったか? そういや篠倉、今日もなんか騒ぎを起こしてたな。いや、九樹宮もいたから、騒 ぎに巻き込まれていただけという可能性もあるか。どちらにせよ、厄介事に歓迎されてる奴だ よなぁ……。


○式見蛍サイド

「死にてぇ……、というか、近いうちに本当に死ねそうだよなぁ、僕」

 そう呟きながら、ユウと二人、夕暮れの近い商店街をとぼとぼと歩く。
 実際、なんなんだ、あの金髪碧眼の少女は。まさか僕を殺しに来たなんて、昨日ニーナが喫 茶店で言ってたとおりじゃないか。……これってやっぱり――

「ねえ、ケイ。これってやっぱり、『世界の復元力』の影響なのかな……?」

 隣を歩くユウが僕の気持ちを代弁してくれる。

「ケイが死んだりなんかしたら、『世界』にとってはよくない――んだよね?」
「昨日、ニーナは『それはボクの見解にすぎない』とも言ってたけどな。まったく、どっちな のかはっきりして欲しいもんだ……」

 ちょっと皮肉交じりにそう口にして、僕はついさっきの、『彼女』との邂逅を回想してみた 。


「初めまして。わたくしはスピカ・フィッツマイヤー。『歪み』の源を処理する者ですわ。以 後、お見知りおきを」

 その言葉に僕、ユウ、鈴音の三人はただただ絶句するしかなかった。誰も、口を開けなかっ た。その沈黙の意味を彼女――スピカ・フィッツマイヤーはどう取ったのか、

「……ちょっと、どなたかなにか言っていただけませんこと? せっかく格好よく決めたとい うのに、これでは間が抜けて見えるではありませんか。……それとも、わたくしの日本語、ど こかおかしかった、とか……?」

 急に不安そうに視線をあちこちさ迷わせる。

「えっと、『処理』の意味は……間違っていませんわよね? この場合は『問題を解決させて いただく』という意味ですけれど……」

 ああ、問題を解決するつもりなのか……。ん? 問題を解決? ということは……。

「別に僕を殺しに来たわけじゃないってこと……ですか?」

 初対面の相手には、なんとなく敬語を使ってしまう僕。

「ええ。そのような野蛮な解決策、わたくしは取りたくありませんから。あなたの中にある『 歪み』を取り除くのがわたくしの目的です」

 真っ暗だった目の前が、パッと明るくなった気がした。なんだ、僕を殺しに来たわけじゃな かったのか。……いや、僕は自殺志願者だから、殺されないことを喜ぶのは変だと思われるか もしれないけど、やっぱり嫌なものだよ。殺されるのは。僕は『殺されたい』んじゃなくて、 ただ『死にたい』だけだから。苦しむことなく、ただこの『世界』からいなくなりたいだけな んだから、やっぱり殺されないとわかれば、そりゃ、ホッとは、する。

「今日はあなたに挨拶に来ただけですわ。やはり直接会ってみないことには、『歪み』の度合 いも完璧にはわかりませんし。――それにしても、やはりあなたの持つ『歪み』は桁違いです わね。こうして顔を合わせてみると、よくわかりますわ。なんでこんな大きな『歪み』を人間 が内包していられるのか――」
「あの……」

 さっきからずっと沈黙していた鈴音が手を軽く挙げた。

「フィッツマイヤー、ということは、やっぱりシリウス・フィッツマイヤーさんの親戚の方で すか?」

 そう訊いた瞬間、フィッツマイヤーさんの眉が険しい角度にピクリと上がる。

「シリウスはわたくしの兄ですが、なぜあなたが兄のことを……?」
「あ、妹さんだったんですか。どおりで似てると思いました。――えっと、シリウスさんは私 の本家に来たことが何度かありまして、そのときにちょっと話したりしたんですが――」
「本家? じゃあもしかしてあなた、神無家か九樹宮家の人間?」
「えっと、神無家の人間です。神無鈴音といいます」

 頭をペコリと下げた鈴音を見て、フィッツマイヤーさんはちょっと驚いたような、どこか呆 れたような、そんな表情になった。はて? なんでだろう?

「神無の本家にはわたくしと同年齢の人間がいると聞いてはいましたが――」
「ええっ!? フィッツマイヤーさんって、鈴音さんと同じ歳なの!?」

 ユウが大声で鈴音と彼女の会話に割り込む。いや、これはちょっと失礼だろう。まあ、フィ ッツマイヤーさんが17歳だという事実には僕も少なからず驚いたけどさ。
 金髪碧眼の少女は、ユウのことは完全に無視して、話を続ける。

「あなた、神無の人間だというのに、彼を完全に放置しているのですか? 本来、彼に関する ことは神無家と九樹宮家がどうにかするのが慣例になっているというのに……」

 相当呆れたらしく、額に手を当てて空を仰ぐフィッツマイヤーさん。でもなんか僕、彼女の 中で酷い扱いになってないか? 下手するとモノ扱い? それも爆弾とか、そういう感じの。 僕の被害妄想だといいんだけど……。

「別に、放置するとか監視するとか、そういう必要は――」
「それ、本気で言ってますの? 彼の持つ危険性があなたには微塵も感じられない?」
「――そういうわけでは……ないですけど……」

 鈴音のセリフは段々小さくなっていって、消えた。僕からすれば彼女のそんな姿は見ていら れなくて、「でもさ」と口を挟む。

「これからフィッツマイヤーさんも一緒に考えてくれるんでしょ? 僕の『能力』をどうする べきか」

 最悪、怒鳴られる可能性もあったわけだけれど、彼女は実に冷静にうなずいた。

「そうなりますわね。どうするのが一番か、わたくしなりに考えていくことにしますわ。とり あえず、今日はこの学校の敷地内に入る許可をとって、明日からあなたを監視させていただく ことにします」
「監視……ですか」
「観察、と言い換えてもかまいませんけどね。どうやって『歪み』を取り除くのか、その方法 はあなたの生活パターンから考える必要がありそうですし」
「はあ、まあ、学校内くらいでなら、お好きにどうぞ。……ユウみたいに家にやってきてまで 、というのは困りますけど……」
「それでは、わたくしはこれで。学校長から許可をいただかなければなりませんし」

 言ってざっと鳴らして僕たちの横を抜けていくフィッツマイヤーさん。しかし途中でその足 音はやみ、

「蛍、言い忘れてましたわ」
「なんです?」

 もう呼び捨てなんだ、しかも名前で。そんなことを思いつつ後ろを振り返ると、そこには予 想もしていなかった厳しい表情をしたフィッツマイヤーさんの顔があった。

「もし、解決策が見つからなかった場合は、あなたの殺害も当然、考慮はしています。無論、 そんな野蛮な解決策、わたくしはとりたくないのですが、それ以外の解決策がないという可能 性もまた、考えられはしますので」

 ……そりゃないだろ、さっきまでの会話の流れからして……。

「全力は尽くしますが、あなたも一応そのつもりで」

 踵を返し、悠然と校内へと向かって歩いていくスピカ・フィッツマイヤー。……そのつもり でって……、一体どんなつもりでいろっていうんだよ、ったく……。
 僕たち三人は、彼女が校内に入ってからも、しばらくその場を動けなかった――。


 あのあと、鈴音と別れて、僕とユウは商店街に買い物に来たのだけれど、気分はなんとも暗 かった。当たり前だ。『殺す』と宣告されて、しかもそれがいつのことになるかわからない状 況なんて、普通の高校生が体験することじゃない。世界一平和な国だという日本に住んでる人 間が体験することじゃない。ここで暗くならずにいつ暗くなれっていうんだ。
 しかし、本当にシャレになってないぞ、『世界の復元力』。まさかマジで僕を殺そうとする 人間がやってくるなんて。
 珍しく気を利かせたのか、ユウが明るい声で僕に問いかけてくる。

「それで、ケイ。今日の晩ご飯、なににする?」
「ん〜、そうだなぁ……」

 晩ご飯のことを考えられるほど精神は回復していなかったが、わざわざ気を使ってくれたユ ウに無視を決め込むのも悪いと思い、ボンヤリと思考を始める。しかし、出た結論は、

「……スーパーに行ってから決めるよ」

 というつまらないものだった。しかしユウはそれで気分を害した様子はなく、「そうだね」 とだけ返してきた。……ったく、コイツも他人の気持ち、察するところは察するからなぁ…… 。
 歩くこと数分。スーパーが見えてくる。それと、スーパーの前で誰かを待っているように立 っている人影も。……誰かと待ち合わせでもしてるのだろうか。
 しかし、その人影が誰かわかるくらいの距離になったところで、僕はつい声をあげた。

『あ……』

 期せずしてユウと声がハモる。それを聞いてその人影は少し不機嫌そうな表情をした。なん でなのかはわからないけど。ともあれ、その人物は、

「九樹宮九恵さん……?」

 だった。


○九樹宮九恵サイド

「――知ってたの? 私の名前……」

 一緒にスーパーに入り、彼が買い物カゴを片手に食料品を物色し始めたところで、私はそう 尋ねてみた。

「うん。今日、学校で鈴音に訊いて。――あ、鈴音っていうのは、この前喫茶店で一緒にいた ――」
「神無本家の次女のことでしょ。こっちの業界では有名だから、名前くらいなら知ってるわよ 」
「有名って……鈴音が?」
「いえ、神無深螺――彼女のお姉さんが。神無鈴音のほうは、大抵『神無深螺の妹』として覚 えられてるわね」
「そうなんだ……。でも、それって、なんだか……」

 彼は神無鈴音に同情するような――いや、それとも違う、なんとも複雑な表情をして、顔を うつむかせる。……う〜ん、言い方がマズかったかな……。
 しばし、微妙な雰囲気になり、沈黙が流れた。……うぅ、気まずい……。その気まずい沈黙 を彼と一緒にいる浮遊霊――いや、守護霊?――が破ってくれる。

「あれ? 九樹宮さん、アヤさんと同じ学校の人なんだ」
「アヤ?」

 私の着ている制服を見てのことなのだろうけど、唐突なその言葉に少し戸惑う。……アヤ、 か。どこかで聞いたような……、あ、そうか。

「ああ、篠倉綾のことね。今日、自殺未遂をやらかしかけた」
『自殺未遂!?』

 ものすごく驚いた表情をされた。……まあ、篠倉綾と彼らは知り合いのようだし、それは当 然の反応なのだろうけど。
 ……ふと思う。もし私が今日の篠倉綾のようになったとして、果たして心配してくれる人間 がいるものだろうか、と。霊は普通、そうそう見えるものじゃないから、私の意志で自殺しよ うとしていると思われるだろうし、退魔の仕事をしている人間からすれば、私はただの間抜け に見えるだろう。私の思っていることをそのままに受け取ってくれる人間なんて、この世には ――。
 軽く頭を振って、嫌な考えを追い出す。不愉快な、それも既に答えの出ていることをわざわ ざ自問する道理はない。彼らのほうに視線をやると、まだ驚きに固まっていた。――いや、少 し違う。彼――蛍のほうはどこか、申し訳なさそうな表情をしていた。「《顔剥ぎ》のときの ことが記憶に残っていて……?」とか「でも、あのアヤが……?」とか小声で呟いている。
 そのことから、彼らは――少なくとも蛍は篠倉綾と親しいのだな、と推し量ることができた 。なにやら思いつめてもいるようなので、一応こうつけ足しておく。

「とはいってもね、悪霊に憑依されて自殺させられそうになってたってだけで、篠倉綾個人に は自殺する気はなかったと思うわよ。……きっと」

 断定はできない。それは人の心の問題だから。でも、あの《見えざる手》に抵抗していたこ とを考えると、まず間違いないと思われた。
 まあ、篠倉綾がどう思っていたとしても、いまは関係ない。これでこの二人もとりあえず落 ち着いてくれるだろう。そう思ったのだけれど、

『また!?』

 声をハモらせ、さっきにも増して驚く彼ら。私は少し呆れの混じってしまった口調で言う。

「またって、やっぱり悪霊に憑依されたことあるの? 彼女」
「うん。『完全憑依型』の悪霊に、ね」

 蛍の返してきた答えに私は思わず、「……うわぁ」とうめいた。……だって、『完全憑依型 』って……。並の霊能力者じゃ太刀打ちできない相手だ。よく助かったわね、篠倉綾……。
 蛍からそのときのことを聞いて、またもうめく私。……いや、だって、霊能力者でもない人 間が『完全憑依型』を倒してのけるなんて、常識じゃ考えられない。彼の能力があってこそ、 だ。

「あ、じゃあもしかして、今回アヤに憑いていたっていう悪霊は――」
「ああ、私がなんとかしておいたわ。……逃がしちゃったけどね」
「そうだったんだ。ありがとう」

 ……………………。
 ……うん。まあ、あのときは彼女に訊きたいことがあったから助けたっていうだけだったけ ど、総合的に見て、これでよかったかな。……普段だったら私、おそらく見捨ててただろうけ ど、そこは、まあ、考えない方向で。

「ど、どういたしまして。蛍」

 おそらく真っ赤になっているであろう顔を少し背けて彼にそう言うと、視界の端で彼は私を じっと見つめ始めた。

「……なに?」
「いや……、もしかして、流行ってるの?」
「……は?」
「ほら、僕の名前、呼び捨てにしただろ? いま。ほぼ初対面なのに。ちょっと前にもそうい うことがあったものだから、名前を呼び捨てにするの、流行ってるのかな、って」
「……ど、どうかしらね……」

 う〜ん……。やっぱり普通の人間とは一味違うわね。式見蛍……。

「ところで、僕の名前、知ってるんだ」
「……え? ええ。その綾さんからね。そっちの幽霊のことは聞かされてないけど……」
「ああ、アヤには幽霊が見えないから……」

 というか、見えるほうが少数派なのよね。彼の口ぶりからすると、友人は見える人ばかりの ようだけど……。ふむ。類は友を呼ぶ、という奴かしら。ともあれ、蛍は傍らの霊を私に紹介 する。別に紹介して欲しいとは思わないのだけれど。

「こいつはユウっていうんだ。浮遊霊のユウ」
「『遊ぶ兎』と書いてのユウだよ!」
「お前、いい加減その漢字の定着は諦めろって……」
「諦めたら終わりだよ! 人間、諦めることはいつでもできるんだよ! だから私はまだ諦め ないんだよ!」
「ちょっといいことを言った、という感はあるけど、お前、人間じゃなくて幽霊だろ? それ に諦めてくれ、頼むから」
「そういえば、シートベルトはちゃんと諦めましょう、とか言うよね」
「言わないよ! 『ちゃんと締めましょう』だよ、それ! というか、話が全然違うほうにぶ っ飛んだよ!!」
「それこそが私の特技!」
「忘れてくれ! そんな余計な体力使う特技!」

 蛍とユウの仲のよさそうな掛け合いには少しムッとしたけど、私には彼らの会話に割って入 れるほどの積極性も、面白い話題もない。
 なおも掛け合いを続ける二人から少しだけ目を逸らし――、どこかで見たような少年がこち らに歩いてくるのを私は見つけた。

「やあ、九樹宮さん」
「……木ノ下君?」

 私の記憶が確かなら、彼はクラスメイトのさわやか好青年、木ノ下瞬だった。

「なにか用?」

 その私の言葉に彼は「つれないなぁ」とか洩らしたが、これは私本来のしゃべり方だ。別に そっけない態度をとった覚えはない。……まあ、私の態度は大抵、小バカにしているか、そっ けない態度をとっているかのどちらかに見えるようなのだけれど。
 彼はそのまま私のほうに歩いてきて――
 そこで、気づいた。彼にまとわりつく、かすかな、彼のものとは違う『霊気』に。

「別に用ってほどのものじゃないけどさ、クラスメイトを見かけたら声をかけるっていうのは 、そんなに変かな?」
「普通ならそこまで変だとは思わないけど、相手が異性――それも私だとなると、ちょっと『 おかしいな』とは思うわね。私としては」

 正直、言ってて少し悲しくなるが、わざわざ『見かけたから』なんて理由で私に話しかけて きてくれる間柄の人なんて、私にはいなかった。

「……あっそ。まあいいや。じゃあね。――っと」

 嫌がらせのつもりだろうか。彼は私の隣を抜けるとき、わざわざ肩をぶつけてきた。……は て? 私の態度を面白くなく思っているクラスメイトが数人いるのは知っているけど、彼はそ ういう類の人間じゃなかったはず……。まあ、こういったことには多少なりとも慣れてるから 、別に気にしないけど。
 ふと視線を感じて蛍たちのほうに顔を戻すと、また蛍が私をじっと見つめていた。……自分 の意志とは関係なく、顔が熱くなる。

「な、なに……?」

 そう声をかけられて、ようやく彼は私を見つめているのを自覚したらしい。

「あ、ごめんごめん」

 そう謝ってくる。私としては、謝ってもらわなくてもいいから、どうして私を見ていたのか 知りたいところだ。

「いや、以前――大体一年くらい前にさ、僕が昼休みに学校の屋上から校内に戻ったときに― ―あ、なんで屋上にいたかっていうと――」
「おおかた、飛び降り自殺のため、でしょ」
「……なんでわかるの? というか、知ってるの? 僕の自殺志願。アヤには言ってなかった と思うんだけど……」

 ……しまった。これは黒江から得た情報だった……。

「え〜と……風の噂に聞いたのよ現守高校には自殺志願者がいるって」

 かなり苦しいごまかし方だと、自分でも思う。

「……そんな噂があるんだ。死にてぇ……」
「ああ、でも私は別にそれを頭から否定したりはしないわよ。それなりに理由はあるんだろう し」
「はあ……、それは、どうも……」
「それで?」
「ああ、うん。それで屋上から戻ったときに上級生の女の人と会って。その人、僕や先輩と似 ているなぁって、そのとき思ったんだけど、九樹宮さんを見てたら、急にそのときのことを思 いだしちゃってさ。でもその人、名前がまったく思いだせないんだ……」
「だから考え込んでたの?」
「うん、まあ。……なんて名前だったかな……。外見ははっきりと思いだせるんだけど……」

 つまり、私もその『名前を思いだせない人』と似ている、というわけか。……まあ、それは イコールで蛍とも似ているということだから悪い気はしないけど。しかしその『先輩』という のは一体……?

「さて、買うものは買ったし、そろそろ出ようか」

 もしやその『先輩』も『名前を思いだせない人』同様、女性なのだろうか。そんなことを考 えていたら、隣から蛍にそう訊かれた。私はもとから買い物目的でここに来たわけじゃない。 すぐにうなずいた。

「そうね。――ところで、蛍」
「ん? なに? 九樹宮さん?」
「その『九樹宮さん』っていうの、やめてくれる? 不愉快だから」
「……そうなんだ。じゃあ……、『九恵さん』?」

 私はしばし考えて、

「――呼び捨てで」
「……ねえ、やっぱり流行ってるの!?」

 彼の反応は、やはりいちいち面白いものだった。



――――作者のコメント(自己弁護?)

 どうも、だいぶ間が空きましたが、『マテそば』第十一話をここにお届けします。楽しく読 んで頂けたなら幸いです。
 今回はスピカとの初の会話と九恵との再会がメインとなっております。そして、シリーズ初 の前後編でもあります。まあ、本当は『前編』とはせずに一話として書きたかったのですが、 全体の展開(山場や続き方など)を考えると、このほうがいいかな、と思いまして。
 あ、ところで今回九恵との話に出た『名前を思いだせない人』が誰なのか、おわかりになっ たでしょうか? そう。『インビジブルゴースト』に出たあの人です。
 いや〜、それにしても、今回は久しぶりに『書いた〜!』という気分です。というのも、僕 のホームページ『ルーラーの館』で公開中の『ザ・スペリオル』と『まほらば』の二次は、過 去の僕が書いたものを書き写しているだけのものですので、やはり微妙にストレスが溜まるの ですよ。すぐに直したい衝動に駆られるのです。

 さて、今回はシキさんが投稿してくださった木ノ下瞬くんが再登場しております。前回はチ ョイ役でしたが、今回はメインと絡ませる気、満々です。……まあ、悪役として、ですけどね (笑)。
 今回のサブタイトルは天空十六夜さんが投稿してくださったものです。ありがとうございま す。意味は後編のほうで明らかになるかな、と思います。まあ、もう意味を読み取っている方 のほうが多いとおもいますけど。
 それとイベントのお報せです。これのアップと時期を同じくして、『非公開コメントを利用 した人気投票』を『ルーラーの近況報告』のほうでやろうと思っています。ぜひご参加くださ い。
 それでは、次に書く小説で会えることを祈りつつ、今回はこの辺で。


公開:2007/01/10

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO